新たな営業手口!


      先ほど、ご飯を食べながらYAHOOニュースを見ていたらこんな記事がのってました。


      ■親切心につけ込み…深夜まで  「新人研修です。名刺交換してください」と街頭で声をかけられ、親切心で名刺を渡すと、投資用マンションの購入を勧める電話がかかってくる。こんな新たな手口の営業が相次いでいる。深夜までしつこい勧誘が続くケースもあり、国民生活センターで注意を呼び掛けている。(大矢博之)

       「マンションに興味はありませんか」。記者の職場に電話がかかってきたのは、東京・大手町のオフィス街で「新人研修中」の男性(24)と名刺交換をした約2週間後だった。

       「あのときは助かりました。一度会ってお話をしたい」というので、待ち合わせ場所に行くと、男性のほかに上司も同席。上司は2千万円台の投資用マンションの勧誘を始めた。上司は「名刺交換で企業を選ぶ。大企業や公務員でないとローンの審査が難しい」と説明。「あなたは物件を持つ資格がある」と営業トークに力を込めた。名刺交換した男性はほとんど話さなかった。

       上司によると、30~40人と名刺交換し、アポイントに成功するのは1、2人。さらに、契約が成立するのはこのうち1割という。昔は飛び込み営業だったが職場のセキュリティーが厳しくなり、約3年前からこうした営業を始めた。名刺交換のノルマは「1日30枚」(男性)。アポイントを取れなかった名刺は破棄するという。JR東京駅前では女性からも声をかけられ、名刺交換した。女性は「名刺は私が保管する。営業電話をかける場合は名刺交換の際に許可を取る」と説明。しかし、「興味なし」と伝えていたのに約2週間後、女性から「気が変わったかもしれないと思って」と営業の電話がかかってきた。

       国民生活センターによると、平成21年度のマンション勧誘をめぐる相談は過去最多の5355件。今年度はそれを上回るペースで増加中だという。このうち名刺交換から始まる投資用マンションのトラブルは5、8、9月に関東地方、7月には近畿地方で起きた。相談は「展示会で『研修で名刺を100枚集めている。協力して』と声をかけられた。断ると『話を聞かずに断るのは失礼だ』と怒鳴られた」(近畿、40代男性)、「名刺交換したら、上司と勤務先に来た。夕方から深夜までマンション購入を勧められた」(神奈川県、30代男性)など会社員からが中心。マンションのほか、自己啓発グッズの売り込みもある。

       同センターは「相談には『新人を応援しようと名刺交換した』との声もあり、親切心につけ込んでいる」と指摘。「個人情報保護の観点から、安易に名刺を渡すことは危険だ」と注意を促している。



      一ヶ月ほど前、恵比寿駅を下車すると、同じように「新人研修です!名刺交換して下さい!」と、声をかけられました。
      「なんかあやしい!」と思ったので、
      「何ですか?」と聞くと
      「投資用マンションの話がしたい!」と言ってきました。
      「僕も不動産業なので・・・」と言うと、足早に去っていきました。

      その時に、最近はこんな営業方法があるんだ!と思っていました。
      声をかけてきた彼の名刺は新人ぽく手書きで名前が書かれていたのを覚えていますが
      社名までは見ませんでした。




      ブログをご覧の皆様も気をつけましょう!!












      スポンサーサイト

      スカイツリー!!


      今日はご案内で押上に行きました



      こんな間近で見たのは初めて

      とにかくでかい



      今日時点で497m

      634mまで高くなります。



      この近さでは写真に納まらなくなりますね


      もう少し離れたほうが、よい写真が撮れますよ










      それにしても、人が多かった・・・・





      港区の文化財


      先日、ご案内したマンションの向い側にこんな建物が建っていました。

      非常に古くなんだろうと調べてみると港区の文化財に指定されている建物でした。




      20101118142139_convert_20101121100344.jpg



      以下、港区HPより


      旧協働会館は、昭和11年に芝浦花柳界の見番として建設されました。見番とは、三業組合事務所のことで、「置屋」「料亭」「待合」からなる「三業」を取りまとめ、芸者の取次ぎや遊興費の清算をする施設です。間口10尺、奥行60尺ほどの棟の後方にL字型に30尺弱張り出した平面構成です。正面玄関には銅板葺の唐破風を付け、1階に事務所、2階に桧板敷舞台のある「百畳敷」と呼ぶ大広間を設けました。棟梁は、目黒雅叙園も手がけた酒井久五郎であり、良材をふんだんに使っていて、扉の卍崩しや、階段の手すりなどに、その技巧を見ることが出来ます。

       第二次世界大戦中に花柳界が疎開し、戦後は港湾労働者の宿泊所「協働会館」として使用され、2階だけは日本舞踊の稽古場、集会のために貸し出していましたが、平成12年に閉鎖されました。




      マンション群の中でこういった木造の建物があると癒されます




      夕焼け


      昨日の夕方に文京区から聖蹟桜ヶ丘へ移動

      三宅坂を抜けると素敵な夕焼け



      思わずパシャリ



      20101114164318_convert_20101115102244.jpg





      キレイです。。






      今日のランチ


      今日は西東京の「保谷」へ行きました。


      ちょうどランチの時間でしたので、ご飯を食べることに。。。



      「保谷」と言えば





      20101111130845_convert_20101111194546.jpg




      ここです。





      魚介系の中華そばです。
      久しぶりに食べましたが、やっぱりうまい!!!



      ちなみに大盛は3玉あるので気をつけて下さい。。。








      プロフィール

      stylekenichi

      Author:stylekenichi
      FC2ブログへようこそ!

      最新記事
      最新コメント
      最新トラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリ
      検索フォーム
      RSSリンクの表示
      リンク
      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

      QRコード
      QRコード